top of page
検索
  • 開発

IoT電力メーターを作る[その3](配置図の作成)

前回は、回路図が完成し部品発注を終えました。部品が届くまでの間に、配置図とケースの作成を行います。


配置図

配置図は、基板の上にどのように部品を配置し、どう配線するかを図にしたものです。この作業は、工夫のしがいがある反面、間違えると手戻りが発生し、場合によっては部品が破損するため手が抜けません。


上記はほとんど部品の絵がなくて、足(接点)だけなのでちょっと分かりにくいと思います。今回の配線(青線)は交差なしでできました。どうしても交差してしまう場合は、反対面を使って立体交差にします。


この作図ソフト(PasS)は、お絵かきに近いので、回路図とは連動しておらず、配線は慎重に行う必要があります。PasSは、かなり古いソフトですが、ユニバーサル基板で作成するときには便利なので、未だに重宝しています。


こんな簡単な回路でも、このソフトを使う理由は、表面(部品面)を作図すると、自動的に裏面(配線面)の図も表示してくれるからです。この配線面の図がないと、配線するときに、ほぼ確実に間違え(誤配線)ます。

次回は、この配置図を元に、3D CADでケースを設計したい思います。

閲覧数:141回0件のコメント

Comments


bottom of page